平成12年国家公安委員会への報告事項等



 



 
国家公安委員会における警察庁からの報告事項の要旨は次のとおりであり、それぞれの事項について審議が行われました。 
平成12年4月27日(木)9:00~11:40



 



























































 
(1)警察刷新会議第4回会議の開催結果について
会議は、4月26日(水)に開催され、情報公開に関するいくつかのガイドラインの例をとりまとめるに至ったほか、苦情申出制度等について引き続き検討することとされた。
次回は4月28日、監察と公安委員会の現状が議題とされる予定である。

(2)国会情勢について
4月20日以降の参議院本会議及び衆・参両議院における各種委員会の審議状況等について報告を受けた。

(3)不詳事案について
神奈川県警察は、本年2月、加賀町警察署留置場勤務員が、同署に留置中であった女性に対しわいせつな行為をしたとして、26日、懲戒免職処分の上、特別公務員暴行陵虐罪で逮捕した。

(4)平成11年中における来日外国人問題の現状と対策について
平成11年中における来日外国人犯罪の検挙総数は、34,398件、13,436人で、前年に比べ、件数、人員とも増加した。
警察としては、引き続き、事件検挙の推進や関係機関との連携強化等の諸対策を推進していくこととしている。

(5)横浜市内小学生男児身の代金目的誘拐事件について
4月20日(木)、横浜市において発生した、小学2年生の男児に係る身の代金目的誘拐事件について、神奈川県警察は、4月25日未明、被疑者2人を検挙するとともに、被害者を無事発見保護した。
この事件では、プリベイトカード式携帯電話や架空名義の銀行口座が用いられたこと、被疑者が広域にわたり移動したことが特徴点であった。

(6)全国暴力団総合対策特別強化月間の実施について
5月8日から6月7日までの1か月間、「全国暴力団総合対策特別強化月間」を実施する。
この月間では、資金源対策の徹底と市民社会に及ぼす危険の除去を取組みの基本としている。

(7)チャイルドシート着用調査結果について
チャイルドシート着用の全国調査を実施した結果、着用率は64.6%であった。チャイルドシートの着用の徹底に向け、関係機関・団体と連携した諸対策を一層推進することとしている。

(8)皇太子同妃両殿下の「第11回全国みどりの愛護のつどい」御臨席等(香川県)に伴う警衛警備について
皇太子同妃両殿下は、4月28日(金)から29日(土)までの間、「第11回全国みどりの愛護のつどい」への御臨席等のため、香川県に行啓になる。
本行啓に伴い、香川県警察をはじめとする関係警察では、所要の体制を確立して警衛警備を実施することとしている。

(9)森総理大臣のG8主要7ヶ国訪問をめぐる動向と警察措置について
森総理大臣は、4月28日(金)から5月6日(土)まで、G8主要7ヶ国を訪問し、各国首脳等と会談する。
本訪問に伴い、警察では、所要の体制を確立して警護警備を実施することとしている。

(10)静穏保持法に基づく「在札幌中華人民共和国総領事館周辺地域」他3箇所の指定に関する協議について
外務大臣から国家公安委員会宛に協議依頼のあった、静穏保持法に基づく「在札幌中華人民共和国総領事館周辺地域」他3箇所を指定する件につき、異議のない旨回答することを決定した。


もどる