定例委員会の開催状況

 

 

第1 日 時 令和元年11月14日(木)

午前10時00分 〜 午前11時30分

 

場 所 国家公安委員会室

 

第2 出席者 北島、木村、安藤、小田、川本各委員

栗生長官、松本次長、中村官房長、白川生活安全局長、露木刑事局長、北村交通局長、大石警備局長、彦坂情報通信局長

 

第3  議事の概要

 

1 議題事項

(1)「古物営業法施行規則の一部を改正する規則案」に対する意見の募集等について

   生活安全局長から、古物営業の許可申請手続の簡素化を図る「古物営業法施行規則の一部を改正する規則案」に対する意見の募集等について説明があり、原案どおり決定した。

   川本委員より、「便利になるのは良いことであり、他の制度も含めて今後も不断の見直しをしていただきたい」旨の発言があった。

 

(2)道仁会、五代目浅野組、双愛会及び二代目親和会の指定の確認について

   刑事局長から、道仁会、五代目浅野組、双愛会及び二代目親和会の指定の確認について説明があり、原案どおり決定した。

   

(3)国家公安委員会への意見・要望文書等の措置について

国家公安委員会宛ての電子メール、書簡等について閲覧し、回答を要するか否かの判断を行った。回答を要するものについては、その内容を了承した。

 

2 報告事項

(1)国会の状況について

官房長から、国会の状況について報告があった。

 

(2)監察の取扱い事案について

   官房長から、神奈川県警察の巡査による窃盗事案に関し、同県警察は、同巡査を免職処分とする予定である旨の報告があった。   

 

(3)分裂した山口組の最近の情勢と対策について

刑事局長から、分裂した山口組の最近の情勢と対策について報告があった。

安藤委員より、「暴力団事務所に使用制限命令をかけることにより、この使用制限命令による結果がどのようになるか注視していきたい」旨、川本委員より、「暴力団対策に関しては、関係機関や地域住民等の協力が必要である。暴力団の資金源に対する調査・分析にも、引き続き、取り組んでいただきたい」旨の発言があった。

 

(4)天皇皇后両陛下の三重県並びに奈良県及び京都府行幸啓(親謁の儀)に伴う警衛警備について

警備局長から、11月21日から23日までの間、即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁の儀のため、また、11月26日から28日までの間、神武天皇山陵、孝明天皇山陵及び明治天皇山陵に親謁の儀のため、天皇皇后両陛下が三重県並びに奈良県及び京都府へ行幸啓になる予定であり、これに伴い、所要の警衛警備を実施する旨の報告があった。

 

(5)ローマ教皇フランシスコ一行来日に伴う警護警備について

警備局長から、11月23日から11月26日までの日程で、ローマ教皇フランシスコ一行が来日する予定であり、所要の警護警備を実施する旨の報告があった。

 

3 その他

(1)生活安全局長から、電話リレーサービスを介した110番通報について報告があった。

   川本委員より、「本案を含む電話リレーサービスの充実は、国会でも取り上げられており、社会に有益な議論だと思う」旨の発言があった。

 

(2)北島委員より、「フィリピンにおいて、特殊詐欺に関与した邦人36名が拘束されたが、他国でも同様の状況がある場合には、現地当局とも連携して対応していただきたい」旨の発言があった。