定例委員会の開催状況

 

 

第1 日 時 令和4年1月13日(木)

午前10時00分 〜 午前11時00分

 

場 所 国家公安委員会室

 

第2 出席者 二之湯委員長、小田、櫻井、横畠、宮崎、安藤各委員

中村長官、露木次長、小島官房長緒方生活安全局長、藤本刑事局長、楠交通局長、櫻澤警備局長、砂田情報通信局長

 

第3  議 事

 

1 議題事項

(1)人事案件について

官房長から、人事案件について説明があり、原案どおり決定した。

 

(2)国家公安委員会への意見・要望文書等の措置について

国家公安委員会宛ての電子メール、書簡等について閲覧し、回答を要するか否かの判断を行った。回答を要するものについては、その内容を了承した。

 

2 報告事項

(1)「こども政策の新たな推進体制に関する基本方針」の閣議決定について

 官房長から、「こども政策の新たな推進体制に関する基本方針」の閣議決定について報告があった。

 

(2)令和3年中の交通事故死者数について

 交通局長から、令和3年中の交通事故死者数について報告があった。

 安藤委員より、「今後詳細な分析を行う際には、コロナの外出自粛の影響も含め、新たな切り口で分析することを期待している」旨の発言があり、交通局長から、「コロナの影響も含め、多角的な分析をして、今後の施策につなげてまいりたい」旨の説明があった。

 

(3)警視庁公安部による詐欺未遂被疑者の逮捕状取得・国内指名手配について

 警備局長から、警視庁公安部による詐欺未遂被疑者の逮捕状取得・国内指名手配について報告があった。

 櫻井委員より、「この種の行為について犯罪化しやすい仕組みを考える必要がある」旨、横畠委員より、「このような事件で被疑者を手配することは、国内外に警鐘を鳴らすことにもなる」旨、宮崎委員より、「今回に限らず、留学生や元留学生が利用される事案には、日本の大学の現状等、構造的な問題も含めて考える必要がある」旨の発言があり、長官から、「ご指摘の点については、政府全体で問題意識を持っている」旨の説明があった。