公益通報

 国家公安委員会では、公益通報者保護法(平成16年法律第122号)及び公益通報者保護法を踏まえた国の行政機関の通報対応に関するガイドライン(平成17年7月19日関係省庁申合せ)に基づく公益通報(外部通報)を受け付けています。
 

国家公安委員会が受け付ける公益通報(外部通報)とは

 通報対象事実等(公益通報者保護法上の通報対象事実その他の法令違反の事実(国家公安委員会が処分又は勧告等の権限を有するものに限ります。))について、当該事実に関係する事業者に雇用されている労働者(国家公安委員会を労務提供先とする労働者を除き、警察庁の職員を含みます。)、当該事業者を派遣先とする派遣労働者、当該事業者の取引先の労働者、当該事業者又はその取引先の役員、これらに該当する者であったものその他の当該事業者の法令遵守を確保する上で必要と認められる者が、当該通報対象事実等が生じ、又は正に生じようとしている旨を国家公安委員会に通報することをいいます。

通報方法

≪ 郵便 ≫
      郵送先 〒100-8974
            東京都千代田区霞が関2-1-2
            国家公安委員会
※ 氏名、連絡先(住所、電話番号、メールアドレス等)をご記入ください。
 
≪ 電子メール ≫

 国家公安委員会ウェブサイト(http://www.npsc.go.jp)に設けられている「ご意見・ご要望」用の電子メールの受付窓口【御意見箱】をご利用ください。

 なお、他のご意見・ご要望との区別のため、公益通報として送付される場合には、本文の冒頭に【公益通報】と書き、氏名、連絡先(住所、電話番号、メールアドレス等)をご記入ください。 

  ≪ 電話 ≫
03-3581-0141(警察庁代表番号)
・午前9時30分~午後0時00分
・午後1時00分~午後5時00分
※ 開庁日に限ります。
※ 警察庁代表電話の担当者に、国家公安委員会に対する公益通報である旨、お申し付けください。

公益通報の対応

国家公安委員会・警察庁外部通報対応要綱(PDF:138KB)を参照してください。

その他

公益通報者保護制度ウェブサイト(消費者庁)(外部リンク)

民間事業者向けガイドライン(消費者庁)(外部リンク)

 

前のページに戻る